hitomihoshimiの星空を追いかけて

星空撮影、星景写真、その他日常のつぶやき、エッセイなど…ゆる〜い癒し系のブログです✨

北斗七星 再び

f:id:hitomihoshimi:20181215201340j:image

北斗七星(ほくとしちせい、英:Big Dipper、Plough)は、おおぐま座の腰から尻尾を構成する7つの明るい恒星で象られる星列のこと。北斗、北斗星、七つの星、七曜の星とも呼ばれる。柄杓の形をしているため、それを意味する「斗」の名が付けられている。日本では四三の星[1]、七剣星とも呼ばれた。3等星であるδ星を除く6星は全て2等星である。このため春の星空で目立ちやすく、世界各地で様々な神話が作られている。

北斗の柄の端から2番目のζ星ミザールには、伴星アルコル (Alcor) (中国名:輔星)が存在する。この2星は実際には3光年ほど離れており、見かけ上の二重星であると考えられている(連星であるとしたら、公転周期は75万年以上になる)。

 

わかりますか?

ミザールとアルコルですよ。

これが見えたら、あなたはとても目がいいです。