hitomihoshimiの星空を追いかけて

星空撮影、星景写真、その他日常のつぶやき、エッセイなど…ゆる〜い癒し系のブログです✨

星空の招待 〜蠍座〜

f:id:hitomihoshimi:20190225131540j:image

2月の遠征時に撮った

朝5時頃の昇る蠍座です。

FUJI X-A1  F2.8

lensのみX-E1 50mm  

ISO1600  90sec.

mount  POLARIE

 

〜蠍座の胸の赤い星

                                  アンタレス〜

 

蠍座は南の空に目立つ星座。
低い位置にあるので、見られる時期が夏の他の星座よりも短く、南に行けば行くほど、高い位置に見ることができます。

 

蠍座の胸には、赤い1等星の“アンタレス”という星が輝いています。

 

“アンタレス”とは、“アンチ=アーレス”というギリシア語が語源であり、「火星に対抗するもの」という意味になります。

 

惑星である赤い火星が、“アンタレス”の近くを時折り通る時に、その赤さを比べて競っているように見えることから、その名前が付いたようです。

 

“アンタレス”は5年くらいの周期で0.9等星から1.8等星までの明るさが変わる半規則変光星なので、やや暗く見えることもあります。火星は地球との距離により光の見え方が変わりますので、赤さ比べの勝負はその時々で変わるようです。


蠍座の形状は、主星“アンタレス”を中心に、夏の天の川に垂れ下がる滑らかな釣り針型のS字カーブがポイントとなります。

f:id:hitomihoshimi:20190225132129j:image

夏に向けて見つけやすい星座ですので

みなさんもぜひ探してみませんか?