hitomihoshimiの星空を追いかけて

星空撮影、星景写真、その他日常のつぶやき、エッセイなど…ゆる〜い癒し系のブログです✨

宇宙って素晴らしい!

北斗七星のζ星ミザール、η星アルカイドを基点に見つける二大星雲と、淡い分子雲を収めた星野です。f:id:hitomihoshimi:20190429152621j:image

f:id:hitomihoshimi:20190429092603j:image

子持ち銀河 (こもちぎんが、M51、NGC5194)はりょうけん座にある渦巻銀河です。離れたすぐ近くに伴銀河NGC 5195があることが名前の由来であり、伴銀河を含めて子持ち銀河と呼ぶ場合もあります。直径およそ10万光年。

f:id:hitomihoshimi:20190429092647j:image
M101 (NGC 5457) はおおぐま座にある渦巻銀河。その姿から回転花火銀河とも呼ばれています。
M101は、われわれから2,500万光年離れた、おおぐま座に位置する渦巻銀河。銀河円盤の直径は17万光年と、天の川銀河の約2倍。少なくとも1兆個の星があり、われわれの太陽と同じような恒星だけでも1千億個存在するだろうと考えられている。その外見から「回転花火銀河」とも呼ばれています。

 

 

私達が普段見慣れている
北斗七星の近くに
こんな素晴らしい銀河があるなんて、ご存知ない方もいらっしゃるでしょう。
肉眼では見ることは出来ませんが
この辺りにあるとイメージを膨らませるきっかけになれれば嬉しいです。

 

画像はサイトよりお借りしました。